とりあえず思いつく本を挙げておきます

母になっても読書は日課。本の記録と紹介のブログです。(3ヶ月以内に出版されたものを「新刊」、概ね半年以内に出版されたものを「準新刊」としています)

今年の抱負「言葉を磨く」の話の続き。

今年の抱負は「言葉を磨く」こと。

具体的には
①語彙を増やす(現代日本語、古語、英語)
②論理的な会話ができるようになる
③気の利いた返しをできるようになる
④雑談のネタを増やす
⑤正しく美しい言葉遣いをする

ということを目標にしています。





①語彙を増やす

まず何より、加齢のせいか、知っているはずでも使いたい言葉がパッと出てこないことが増えました。

もちろん単語を知っていればいいわけではないけれど、
古文や英文を読んでいても、「これどういう意味だっけ」と止まってしまうことがあり、情けないです。
それらを一度きちんと復習していきます。(しています。)

それから現代日本語でも、言葉はどんどん生まれているというか、グローバル社会や情報社会のおかげで、馴染みのない外来語や新しい単語が取り入れられて広がるのが早くなった気がします。
そういう言葉の意味を正しく解釈できるようになりたいです。

エクリチュール、トポス、カタストロフ、クレオールペダンティック、etc...
けっこう本や新聞を読んだり識者の話を聞いたりしているとこういう横文字がサラッと出てくることがあるのですが、普段使い慣れないと意味を思い出すのに思考が止まってしまいがちです。

基本的なことですが、意味と用法を意識して覚えていこうと思います。



②論理的な会話をできるようになる

ブログでもそうですが、私は簡潔に考えを述べるのが苦手で、ついダラダラ長く話しがちです。
論理的な会話をできる人は
「結論」→「詳細」の順に述べるのが上手いですが、私はつい余計な前置きや説明の挿入をしたくなるので、仕事では授業や会議などで結論を先に述べることを意識するようにしています。

当たり前のことかもしれませんが、脳の構造から女性は論理思考が苦手な傾向があるらしいので、日常会話でも意識しようと努めています。



③気の利いた返しをできるようになる

テレビで見るタレントさんでも日常で話す一般の方でも、話に引き込まれたりユーモアを感じたりするのは、会話のキャッチボールが上手い人です。

特に突っ込むべき場面で相手を傷つけるどころか美味しい立場にしたり、話を振られて想定外の返答をしたりしているのを見るとと感心するし、人格の厚みも感じます。

私はそこまでは無理ですが、会話の返しの上手さにはいくつかのパターンが見られるので、自分のツボにはまる会話上手さんの話し方を観察してみようと思います。



④雑談のネタを増やす

私は自分の興味のあることしか覚えられないので、広い年齢、立場の方と話していても中身のある会話をできるようになりたいです。

そのためには知識を増やすだけでなく、それについての自分の考えや、予想される他の考えも様々な立場から多面的に捉える訓練も必要だなぁと感じます。

先日生徒と二人で話しているときに早速スベりました。
古典で助動詞「なり」について話していて、
キテレツ大百科コロ助が、文末に"~ナリ"ってつけて話すじゃん、あれはさ」と私。
生徒、ぽか~ん。「何ですかそれ?」

そりゃそうだ。
キテレツ大百科なんて知らんよなぁ。
世代ギャップも予測できないようじゃ教師失格ですね。



⑤正しく美しい言葉遣いをする

私は自分の夫や子供にキレると、恐ろしく汚い言葉遣いをしてしまいます。
ただデカイ声で罵るだけでなく、なんかもう、別人格のヤバい人になるようです。

手はあげないし、自分では普通のお母さんが怒る程度だと思っているのですが。

キャンプ場で以前、下の子にぶちギレて静かに叱っていたのですが、それを隣で見ていた男の子(小学生)が、自分が怒られたわけでもないのに震え上がって泣き出しました。
私が怖すぎたそうです。

恐怖で人を従わせるのは本当の教育ではないし、ましてまわりに良い影響を与えるはずはありません。

ですが私の場合、行き場のない怒りのパワーは涙や有形力行使ではなく、言葉遣いと態度に出てしまうようなのです。

これは自分の意識だけでは変えられないので、専門家(臨床心理士)の助言ももらいながらトレーニングしています。
表面に表れる言葉遣いだけでなく、深層心理や因果(なぜそうなるのか)という側面からもアプローチする必要があるそうです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なによりnative speakerと話す機会がなくなり、英語が全くスラスラ出てきません。
もともと私の英語習得レベルは大変低いです。

元旦に家族と大阪なんばで買い物をしていたら、ベンチに座っていたフィリピン人の若者たちが娘たちに話しかけてきました。
その流れで少し会話をしたのですが、何か話すにしても中学校の教科書レベルの会話しかできませんでした。

フィリピン人:
Hi guys! You're so cute! How old are you?

娘1: Seven.

娘2: I'm five.

私: (幼女相手にナンパかよ)

フィリピン女:
How do you think he is?
(仲間のお兄さんを指して)
コノオニイサンカッコイイ?

娘: Yeah, he is cool.

フィリピン男:
Oh, how honest you are!
you're so cute and your jackets suit you very much.(←子供達はおそろいのパタゴニアを着ていた)
Where are you from?(私に向かって)

私: We're from Nagoya. And you?

フ: We're from philippine.

私: Oh, that's great. One of my friend went to Manira and was studying there several years ago. You're from perpetual summer country, but here Japan, it has been cold.

フ Yeah, besides, too crowded, anywhere.(みたいなこと言ってたけど実際のところcrowdedかcloudyかさえ微妙w)
But I love Japan and wanna visit any other spots.(みたいなこと言ってたけど速すぎて曖昧)

私 Would you mind speaking slowly?
Have you ever been to Nagoya?

フ No, I've never, but I've ever been to Toyohashi, in Aichi pref.

私 Have you? what for?

なんでもグループのうちの一人が愛知のN大学に現在留学中で、地元の友達が休みを利用して今日本に遊びに来たのだとか。それで有名スポットを案内していたらしいです。
留学生はもちろん日本語が堪能だったので、結局その後は日本語で会話をしてしまいました(ToT)

やはり話す機会は大事ですね。
ということで最近はYouTubeで英語チャンネルを見たり独り言を英語で言ってみたりしています(笑)(笑)


本当に言葉の問題って終わりが見えませんね。
喋れるはずの母国語さえ、話せるから満足というわけにはいきません。




以上、ダラダラと今年の抱負でした、、、
「磨く」のレベルの話じゃないかも(-_-)

今年の抱負は「言葉」にまつわること

気付けば1月も半分近くが過ぎました。

年末年始は帰省したり出掛けたりもしましたが、夫に「受験生なの?」と言われるくらい、基本的には自宅で大学入試の過去問をひたすら解きまくっていました。(笑)
仕事のためですが、半分は趣味のようです。
勉強って…た、楽しい。

その一方で、自分の集中力、理解力、記憶力の衰えをはっきりと感じました。

あまり言うと「やってるアピール」になるので嫌な感じですが、もちろんこの歳になったら単に問題を解くだけでは本当の意味での「勉強」にはなりません。
そこは指導力を上げるという視点も交えたやり方を意識しました。




さてそんな年末年始を過ごした私ですが、今年の目標は、「言葉を磨く」です。


具体的には
・語彙を増やす(現代日本語、古語、英語ともに)
・論理的な会話をできるようになる
・気の利いた返しをできるようになる
・雑談のネタを増やす
・正しく美しい言葉遣いをする


長くなるので、続きは次の記事に分けて書きます。

2019年11月の読書記録7冊と簡単な感想

村田沙耶香『地球星人』

地球星人

地球星人

  • 作者:村田 沙耶香
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/08/31
  • メディア: 単行本

自分を異星人と思って暮らしている主人公と、それをとりまく人々の話。

レビューで「ラストが衝撃的」「凄まじい」「恐ろしい」の言葉を見かけていたので、「仲間うちで惨殺でもするのかな」なんて単純に予想していたが、、、甘かった。
ある意味人間の禁忌を犯してしまっている。

18禁とかにしてほしい作品。



篠田節子ハルモニア

ハルモニア (文春文庫)

ハルモニア (文春文庫)

チェロ奏者と、脳に障害があり音楽に天才を発揮する女性の物語。
芸術家の苦悩の描写が素晴らしかった。

篠田節子さんって音楽にも造詣が深い方なの?!と驚いた。


コンデックス情報所『いつの間に?!ココまで変わった学校の教科書』(新刊)

いつの間に?!ココまで変わった学校の教科書

いつの間に?!ココまで変わった学校の教科書

子の親として、社会人として、知っていなくてはならないことが多かった。
そして科学や歴史をはじめとする学問は、普遍ではないということを改めて意識させられた。


林真理子『私はスカーレットⅠ』(新刊)

私はスカーレット (1) (小学館文庫)

私はスカーレット (1) (小学館文庫)

解説によるとM.ミッチェルの「風とともに去りぬ」の著作権が切れたとのことで、今後また様々な作家による新訳が出るのではないかとのこと。
私は新刊の林真理子さん版を読んた。

元の作品がおもしろいのもあるけれど、主人公スカーレットの自信満々で高飛車なところが林真理子さんと重なるからだろうか、翻訳ではなくオリジナルではないかと錯覚するほどハマっていた。

でも長い話なんだからもうちょっと1冊に収録する範囲を増やしてほしかった!
年明けに2巻がでるようなので、待ち遠しい。


眉村卓『妻に捧げた1778話』

妻に捧げた1778話 (新潮新書)

妻に捧げた1778話 (新潮新書)

  • 作者:眉村 卓
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/05/16
  • メディア: 新書

「15年ぶりに泣いた」「究極の夫婦愛」というカズレーザーさんの紹介で、ずーっと読みたかった本。
眉村先生が、ガンを宣告された奥さまのために1日一編ずつ書いた短編をまとめたもの。
眉村先生の訃報が報道されたので、これを機にようやく読んだ。

何かの番組でカズさんが「ラストの3行だけで泣ける」と話していて、それを聞いた光浦靖子さんがその場でラスト3行だけ読んで泣いていた。

だから私も気になって先にラスト3行だけ読んでみた。
たまらなく涙が出た。


桜井進『世界の見方が変わる「数学」入門』

世界の見方が変わる「数学」入門 (14歳の世渡り術)

世界の見方が変わる「数学」入門 (14歳の世渡り術)

数学は、この世で唯一ゆるぎない、普遍で美しいものだと私は思っている。


篠田節子『肖像彫刻家』(準新刊)

肖像彫刻家

肖像彫刻家

  • 作者:篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: 単行本

音楽を題材にした『ハルモニア』がおもしろすぎて、かと思ったら美術を題材にした作品が今年出版されていたことを知り、図書館で探しだした。

これまで読んだ篠田節子さんの作品よりはライトに読めたけれど、やはり人間の内面をエピソードに興味深くおとしこんでいて、どの話も面白かった。

最近知って今最も気になる、イチオシの作家さん。

2019年10月の読書12冊(今更感)

もう11月も終わるというのに…
10月の読書記録です(^_^;)
感想は省略、、、


1.宮口幸治『ケーキの切れない非行少年たち』(新刊)

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

カズレーザーさんがオススメされていて、その後瞬く間にベストセラーになりましたね。


2.小山宙哉宇宙兄弟』29巻

宇宙兄弟(29) (モーニング KC)

宇宙兄弟(29) (モーニング KC)


3.篠田節子『となりのセレブたち』

となりのセレブたち

となりのセレブたち


4.恩田陸『失われた地図』(文庫本新刊)

失われた地図 (角川文庫)

失われた地図 (角川文庫)


5.東野圭吾『危険なビーナス』(文庫本新刊)

危険なビーナス (講談社文庫)

危険なビーナス (講談社文庫)


6.OCHABI institue 『伝わる絵の描き方』

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法


7.(BN) THE 21『思考力トレーニング』


8.(BN)日経woman『手帳のコツ300』

日経WOMAN 2017年 11月号

日経WOMAN 2017年 11月号


9.(BN)president『 2019年 時間革命』

PRESIDENT (プレジデント) 2019年2/4号(2019年 時間革命)

PRESIDENT (プレジデント) 2019年2/4号(2019年 時間革命)


10.中野信子『脳内麻薬』


11.篠田節子『ルーティーン』


12.東野圭吾プラチナデータ

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

学校を休ませて旅行に行って来ました。(炎上しそう)

秋も深まったころ四国へ行って来ました。

夫と子供達は月~金曜日の4泊5日でしたが、私だけ仕事を休めなかったので、3泊だけして、1日早い朝6:00頃の便で先に帰りました。
うちの夫と子供、よく私抜きで出掛けたり旅行したりするんです。

平日の旅行では長女と次女は学校と幼稚園を休ませます。
こういうと「小学校は義務教育なのに遊びで休ませるなんて!!」と炎上しそうですが、親として譲れない考えがあります。

(私は一応学校教諭の立場ですがw)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


我が家は主人が土日祝日や年末年始、お盆、GWなど
一般的に多くの方が休日のときには仕事を休むことができません。
そのため、学校がある平日しか旅行の機会はないのです。

小学校入学時と年度始めには、校長と担任に
「年に数日程度、家庭の都合で欠席する」旨と、「学業も大切だが、幼少期に家族の時間をつくることも劣らず重要と考えている」のを伝えてあります。
ただし、

①学校行事や係の仕事支障をきたしたり、まわりに迷惑をかけたりしないこと
②普段から成績は最上位をキープすること
③休んでいた期間の宿題と学習内容は全て自宅で完璧にこなして、休み明けのテストでも変わらず満点をとること
(もちろん元小学校教諭の私が家庭教師をします・笑)

を娘と約束し、担任にも宣言しています。
②については出来ているか分かりませんが(^_^;)そのつもりの意気込みで(笑)。
子供本人も旅行が好きなので、張り切って取り組みます。


それからもう1つ、日本の労働者も必要なときにもっと休暇をとれる社会になってほしい。
認められる社会になってほしい。
そのためには「普段から仕事をきちんとこなして責任を果たし、必要なときに然るべき(休暇をとる)権利は認めてもらう」というのを子供のうちから実践してもよいのでは?と考えたりするわけです。


おかげでクラスでは、先生や友達から旅行前には「気をつけて楽しんで旅行いってきてね(^^)/」と送り出され、久々に登校すると「旅行どうだった?」と前向きな話題に上るそうです(笑)(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色々行ったし写真も撮ったけれど、とりあえずスマホに入っていた画像を数枚だけ貼ります。

こうしてみると子供と食べ物の写真ばっかり…(-_-)


f:id:booksformams:20191109223946j:plain

さて香川と愛媛は何度か行ったことがありますが、徳島と高知は今回が初めてでした。

高知駅にはアンパンマン坂本龍馬とジョン万次郎がたくさんいました。

f:id:booksformams:20191118211050j:plain
路面電車に興奮する子供達。


f:id:booksformams:20191118211105j:plain

川が多くてきれいだった。


f:id:booksformams:20191118211118j:plain




食べ物、撮るの忘れていてあまり写真ないけど、、、

f:id:booksformams:20191118211133j:plain
高知はかつおが名産なので、かつおだしのラーメンがおいしかった!!
私、ラーメンはかつおだしが一番すきです。
鶏ガラより豚骨より何よりも。


f:id:booksformams:20191118211152j:plain
いつも食事は部屋を選ぶのですが、今回泊まった宿は内装がとてもオシャレだったので色々見たかったのと、子供が食べこぼしたりしたら嫌なので、
部屋食ではなくて食堂にしました。


f:id:booksformams:20191118211216j:plain
ホテルや旅館って、わざと食べきれない量の料理を出してきますよね。
ですが我が家は、いつも大人も子供も全て完食します。
いつも宿の方に驚かれます。


f:id:booksformams:20191118211227j:plain
この後も沢山のメニューが出てきたけれど、美味しくて写真どころではありませんでした。(これもいつも通り)


f:id:booksformams:20191118211243j:plain
子供達も豪勢な食事を平らげて。


f:id:booksformams:20191118211404j:plain
からの、デザートにご満悦。


やはり旅行は食が楽しいですね。




今回の旅のお供はこちらでした。
ドはまりしている篠田節子さんの『ルーティーン』。

夕飯でもワインなど毎回アルコールを頼むのですが、夜はホテルのラウンジにもフリードリンクでワインがあったので、一人でソファに埋もれて飲みながら読みました。



都会では見られない星空も堪能して、とても良い旅でした。

自分の勘を大切にしようと思った話(愚痴)

今日は少しばかり不愉快な話です。

 

大学入試共通テストで〈英語〉の民間試験利用が延期されましたね。

民間試験に向けて英語対策をしていた学校現場や受験産業では騒然と混乱しているようです。

 

しかし私は、国公立大学志望の自分の高2生徒たちに「民間試験対策はまだしなくていいよ。たぶん意味がなくなるから。」と言ってやらせていませんでした。

おそらくこうなるだろうと読んでいたからです。

そして文科省から発表がなくても、きちんと公平を考えて選抜をしようとしていた大学では、民間試験利用を保留にしていましたからね。

 

自分の勘を信じてよかった。

 

 

普通に考えて、見切り発進で無理のある制度だということは一目瞭然です。

実施方法や環境が整っていないのに、そのまま進めても破綻するに決まってるじゃん。

 

ですが行く行くはやはり必要になると思い、念のため民間試験の予備知識だけは入れています。

無駄にはならないので。


f:id:booksformams:20191101235137j:image

 

世の中の動きを洞察すること、来るべきときのために備えることは大切ですね。

そして文科省は、受験生不在で現場を無視した考えにほんと憤りを感じる!!

振り回されてたまったもんじゃないよ!!

 

という愚痴でした。

2019年9月の読書13冊と簡単な感想

9月に読んだ本

1.村山昇『働き方の哲学』

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える

人気の本です。
図版が多め。
「なるほど」と思えることもあったけれど、私は「目からウロコ!」とか「仕事観が変わった!」とかは無かった。
仕事の捉え方も内容も、多様になったなぁ。
でも偉人たちの明言はいくつかメモした。


2.村上春樹スプートニクの恋人

ママ友と本の話になった。
彼女は村上春樹作品をけっこう読んでいるみたいだった。

私も何冊か読んだことがあるけれど、実は村上春樹さんの作品はあまり好きではない。
あの英文を日本語に直訳したような文体が苦手だし、なんとなく題材にも興味を引かれなくて…。

でもせっかくだから、共通の話題にもなるしと久しぶりに読んでみた。

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

しかしやっぱり、好きにはなれなかった。


3.和田秀樹『感情的にならない本』

感情的になることは幼稚だ、という文言が印象に残っているけれど、ちゃんと読んだはずなのにその他の要点は全く記憶に残っていない(^_^;)

和田秀樹先生の本は10~20代の頃に何冊も読んだけれど、先生の専門からすると学習系とタイムマネジメント系の啓発書が一番実践的で役に立つ気がする。
本書では無理に守備範囲を広げようとしてコジツケで空回りしてしまっている気がした。

アンガーマネジメント系なら、今まで読んだ中では嶋津良智さんの『怒らない技術』推し。

怒らない技術 (フォレスト2545新書)

怒らない技術 (フォレスト2545新書)



4.重松清『希望の地図2018』

重松清さんはとても好きな小説家んですが、災害被災地で活動されているというのは知らなかった。

本書はそのルポルタージュにエッセイ要素が加わった、何かの連載?の書き下ろし文庫なのかな?(違うかもしれないけど)

希望の地図2018 (幻冬舎文庫)

希望の地図2018 (幻冬舎文庫)

災害が起きたときに、メディアではどうしても津波やら倒壊した建物やら「絵的なインパクト」がある映像や画像が伝えられがちになる。
けれど実はそこで取り上げられなかったところにこそ大小さまざまな苦しみがあるし、その後も傷痕はずっと続いていく。

そんな当然のことを、重松先生独自の言葉であえて文章で伝えてくれていた。

重松先生といえば等身大の家族の日常を描く作家さんという定評があるので、その感性をもって、被災地に赴いてもそこに生きる生身の人々の息づかいや苦悩を鋭くキャッチされているのだと思う。


5.篠田節子『インドクリスタル』

今年読んだなかで一番よかった作品

インドクリスタル

インドクリスタル



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

力尽きました。
ここから先はタイトルのみで…


6.予言の島

予言の島

予言の島



7.粘土の犬



8.はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか



9.パイパーさんのバス

パイパーさんのバス (児童書)

パイパーさんのバス (児童書)

旅猫リポート』を思い出した



10.宇宙兄弟36

宇宙兄弟(36) (モーニング KC)

宇宙兄弟(36) (モーニング KC)



11.泣けるいきもの図鑑

泣けるいきもの図鑑

泣けるいきもの図鑑

娘に借りて読んだ



12.道なき未知

道なき未知 Uncharted Unknown

道なき未知 Uncharted Unknown



13.ハタからみると、凪日記

ハタからみると、凪日記

ハタからみると、凪日記